副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎で耳鼻科に通っています

慢性副鼻腔炎でここ3年間くらいずっと耳鼻科に通っています。

 

もともとダニやほこりなどのアレルギーがあり、
子供の頃からアレルギー性鼻炎でした。
そして20くらいの頃からだんだん嗅覚が弱くなってきているのに気付きました。
例えば友達といい匂いの石鹸やボディクリームが売っているお店に行った時
全く匂いを感じなかったんです。
ああいうお店って色々な商品の匂いが混ざって、かなり匂いが強いですよね。
なのに全然匂いがしないので、ちょっとおかしいなとは思いました。

 

 

「これいい匂いだよ!嗅いでみて」と言われても
「ごめん、今日匂いが全然しないんだよね〜」と言って匂いを共有できず、残念な思いをしました。
でもそのときは「風邪気味なのかな?そのうち治るだろう。」と思ってそのまま放っておきました。

 

24歳くらいのとき、いよいよ嗅覚がゼロになってきました。
それまでは日によって匂ったり匂わなかったりがあったのですが、
嗅覚ゼロの日が長く続くようになりました。

 

 

それから寝起きに大量の鼻水が出るようになりました。
鼻の粘膜がじんじんして、脈打っているような感じになります。
テッシュの箱もすぐ空になってしまいました。

 

ある日テレビで副鼻腔炎についてやっているのを見ました。
すると「嗅覚障害がある人は自然には治らないので、今すぐお医者さんへ行きましょう。」
「嗅覚が無い人は手術の可能性もあります。」と言っているではありませんか。

 

 

私はずっと「そのうち治るだろう」と楽観的に考えていたのですが
どうやら違ったようです。副鼻腔炎頭痛
そのTVをきっかけに急いで耳鼻科に行きました。

 

耳鼻科に行くと先生はあまりにも私の病状がひどいのでちょっと引いていました。
「なんでこんなに放置したの?20代でこんなにひどい人はめったにいないよ。」と言われましたね。
レントゲンを撮ったら副鼻腔が真っ白の最悪の状態でした。

 

 

その後、CTも撮りました。
手術の話もあったのですが、なんとか薬で今まで保っています。
内服ステロイド剤や抗菌剤、抗アレルギー薬、ステロイド点鼻薬など色々飲みました。

 

おかげさまで今はステロイド点鼻薬のみで大丈夫なところまで回復しました。
鼻水も出ませんし、嗅覚もほぼ回復しました。

 

副鼻腔炎は一度ひどくすると、治るのにかなり時間がかかります。
匂いがしなくなったらすぐに耳鼻科にかかるのをおすすめします。

お肌の悩み