お肌の悩み思春期

ニキビ治療の新しい薬について

中高生を中心にニキビで悩んでいる人も少なくないと思います。そのため皮膚科などを受診して薬を使って治療を行っている人も少なくないかと思います。

 

そのようなニキビ治療ですが、最近になって新しい薬が出たのをご存知でしょうか。

 

2015年4月から「ベピオ」という塗り薬が処方箋で出せるようになりました。この薬の成分は過酸化ベンゾイルといいます。

 

もっともこの成分はす1960年代から欧米ではニキビ治療にすでに使われておりました。この成分はニキビ治療に対して効果も高く、今でもニキビ治療の世界標準薬として用いられています。

 

ようやく日本でも世界の標準治療に追い付いたといったところでしょうか。この過酸化ベンゾイルにはアクネ菌に対する抗菌作用と毛穴のつまりを取り除く角層剥離作用の二つの作用が働いてニキビに対して効果を発揮します。

 

 

ではこの薬の使い方はどのようになっているのでしょうか。まず1日1回塗ればOKです。塗るタイミングについてはこの薬は紫外線に当たるとあまり良い影響を与えないため、紫外線の少ない夜に塗るといいとされています。そして塗り方ですがまず洗顔をします。次にタオルなどで水気を優しく拭き取ります。

 

また薬剤が髪につかないようにターバンやピンで髪が顔にかからないようにまとめておきましょう。赤ニキビ白ニキビ治し方

 

この薬には漂白作用があるため髪につかないほうが良いのであります。そしてニキビが出ている部分にベピオを塗ります。この時ニキビのできやすいところ全体にうすく塗り広げるようすると良いでしょう。

 

最後に塗り終わったら手をきれいに洗うようにしましょう。
またこの薬を使うときの注意事項としては眼や眼のまわり、口唇などの粘膜や傷口には使わないようにしましょう。

 

また紫外線対策も重要です。日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりするなどして紫外線に当たりすぎないよう注意しましょう。
ニキビの治療は継続して行うことが大切です。このベピオも効果が出るのに数か月はかかるとされています。効果が出るまでは医師の指示通り続けていくと良いでしょう。

お肌の悩み